中京眼科の市川玲子院長からのご挨拶です。当院は白内障手術を数多く手がけられるクリニックを念頭に開院しました。

052-883-1543

文字サイズ

標準

拡大

インターネット予約

院長ご挨拶院長ご挨拶

院長ご挨拶

快適な健康寿命に直結する眼科医療の重要性

人生100年時代と言われる昨今、さまざまな病態のリスクに備えなければなりません。そうしたリスクの中で、より健康で暮らすために眼科医療の重要性に注目が集まっています。

視覚というのは人間が受け取る情報の8割を占めているといいます。視力の改善はもちろん重要ですが、今は見え方の質が重視される時代となりました。
まず大切なのは、「その人に適した視力矯正が行われているか」という点です。意外なことかもしれませんが、きちんと度が合ったメガネやコンタクトレンズを装用していない方が多くいらっしゃるのが現状です。適切な視力の矯正を行えていないということが、日本における視覚障害の最大の原因と言えるでしょう。

視力が不十分では、日々の生活に支障が出たり、眼精疲労を引き起こしたり、高齢者の場合では転倒のリスクとなったりします。生活の質を低下させないためも、目の健康を維持することを心がけていただきたいと切に願います。まずは、いま使用しているメガネやコンタクトレンズがみなさんのライフスタイルに合っているのか確認してください。

つぎに、快適な健康寿命を過ごすために、白内障手術を受けるタイミングが重要です。白内障は加齢が大きな要因となって発症する疾患であり、年を重ねれば誰もが必ず発症します。多くの方は、生活に支障が出てきたと判断したときに手術を検討すると思います。
そのとき、患者さんのご家族など、サポートしてくれる方がいらっしゃる場合、術前〜術後を通して、全面的に支えてもらえることが可能です。しかし近年増えている「独居」の方では、そのようなサポート体制を望めないケースが多く、周囲の環境によって、白内障手術を受けられないままになっている方が少なからずいらっしゃいます。このような現状があることを認識いただき、白内障の症状が認められたら早期に手術を検討していただきたいと思っています。

中京眼科は、高齢化が進むにつれて白内障に悩まされる方が増えていく社会を憂い、白内障手術を数多く手がけられるクリニックを念頭に開院しました。名古屋市内では、先駆け的に日帰り白内障手術が行えたのではないでしょうか。

現在は、手術中にリアルタイムで度数の検査をしたり、他クリニックで対応できないハイリスクな手術も行なっています。これからも「最新で最高の治療」を目標に、地域の患者さんに広く眼科医療を提供し、先進の機器を取り入れながら常にアップデートしていきます。

医療法人いさな会 中京眼科 理事長・院長
市川玲子