飛蚊症レーザー治療は名古屋市熱田区の中京眼科まで。メスなどは使いません。治療は1回あたり30分程度です。

052-883-1543

文字サイズ

標準

拡大

インターネット予約

飛蚊症レーザー治療

飛蚊症

飛蚊症レーザー治療

欧米では硝子体の濁りをレーザーでぼかす方法が使われ始めています。飛蚊症の原因となるシワや濁りに照射し、分散させることにより症状を軽減させます。なお、治療効果が安定するまで数日間、必要とする場合もあります。
レーザー治療の対象となるのは、生理的飛蚊症になりますが、治療が可能かどうかは診察して決めさせていただいています。
治療効果には個人差があり、完全に症状が消えないこともあります。詳細は診察時にお尋ねください。

飛蚊症レーザー治療
特 徴
  • メスや器具で直接目に触れることがないので安心です。
  • 点眼麻酔を行うため、ほとんど痛みはありません。
  • 治療は1回あたり30分程度。治療後、すぐにお帰りいただけます。

治療の流れ

  • 1

    検 査

    検査
  • 2

    瞳孔を開く点眼

    瞳孔を開く点眼
  • 3

    診 察

    診  察
1時間
  • 4

    治 療

    治  療
30分
  • 5

    休 憩

    休  憩
  • 6

    目のチェック

    目のチェック
  • 7

    ご帰宅

    ご帰宅
  • 8

    定期診断

    定期診断

関連リンク

飛蚊症レーザー治療については、以下のサイトも参考にしてください。

レーザービトレオライシス研究会