飛蚊症の症状について。名古屋市熱田区の中京眼科におまかせください。

052-883-1543

文字サイズ

標準

拡大

インターネット予約

飛蚊症とは

飛蚊症

飛蚊症とは

明るい所や白い壁などを見つめると、虫や糸くずのような浮遊物が視界に見える症状のこと。単なる眼のゴミと違う点は、視点を動かした時に同調して動くことや、瞬きしても同じ場所にあるところです。加齢などに伴う生理的な飛蚊症と、病的な飛蚊症があります。

主な症状
  • 蚊やゴミのような物が飛んで見える
  • 雲のようなものが浮いて見える
  • 墨を流したように見える
① 生理的飛蚊症
健康な状態でも発生します。硝子体が酸化することによって濁ったり、硝子体を包んでいる膜がはがれたりして(後部硝子体剥離)影が映るもの。いずれも生理的な現象なので特に心配はいりません。
  • <加齢による硝子体の酸化>
    <加齢による硝子体の酸化>
  • <後部硝子体剥離>
    <後部硝子体剥離>
    加齢や物理的衝撃によって硝子体の後ろのほうが網膜から剥がれることでおこります。
② 病的な飛蚊症 
目の病気になるもの
飛蚊症の症状が急に現れたり、以前は見えていた浮遊物の数や形に変化が出たり、視界に異変を感じた場合は、網膜剥離や網膜裂孔といった網膜の病気が考えられます。特に網膜剥離は緊急手術を要するケースもあるので、早めに受診して対処することが大切です。