白内障の症状、原因、治療法について。名古屋市熱田区の中京眼科におまかせください。

052-883-1543

文字サイズ

標準

拡大

白内障の治療法

白内障の主な症状

白内障の症状としては主に、かすみ、ぼやけ、まぶしさ等です。末期的症状では、黒目の中央の瞳孔が白くなることがあります。また、徐々に進行するため自覚しない場合もよくあります。

白内障の原因

白内障の原因水晶体が白く濁って光を通さない

白内障の原因は、主に老化によるもので、老人性白内障といいます。加齢によって髪の毛が白くなるのと同様に、水晶体も年々濁ってきて、80歳にもなるとほとんどの方に白内障が認められます。
その他の原因として、全身疾患(糖尿病、アトピーなど)や眼疾患(ぶどう膜炎、網膜色素変性症など)に併発したり、外傷、放射線、内分泌疾患、代謝異常、薬物(ステロイド、向精神薬、抗癌薬など)などがあります。

白内障の原因水晶体が白く濁って光を通さない

白内障の治療法

白内障を治すには、手術治療となります。白内障の目薬で、進んでしまった白内障が治るわけではありません。発症を防止または濁りの進行を遅らせる目的で、点眼薬の使用や唾液腺ホルモンなどの内服を行うこともできますが、確実な薬効を期待できるとはいえません。
名古屋市熱田区の中京眼科は、「日帰り白内障手術」において豊富な経験と手術実績を誇り、地域の皆さまをはじめ国内外からの患者様からご来院いただいています。

白内障の治療法